リスクを減らす方法!中古マンション投資をする前に知っておこう

男女

基本を守ろう

女の人

中古マンション投資をするのであれば、キャッシュフローに注意しましょう。特にローンを組む際には、毎月の返済額をできるだけ小さくすることがポイントとなります。そのためには、返済期間を長くしてもらえるように交渉する必要があります。

新築だけが投資対象でない

マンション模型

リスクを少なくする手法

不動産投資を始める場合、不動産投資セミナーなどでも紹介される不動産を利用することが多くなっています。そのため新築マンションを購入して運用することが一般的なのです。新築不動産はローンを用いて購入することが多くなっていますが、ローンを抱えている分、リスクが大きくなります。初心者は、経験や知識が乏しい分、安全を講じて投資を行う事が大事なポイントになります。中古マンション投資は、現金でも物件を購入することができる分、安心して不動産投資を行う事ができるメリットがあるのです。中古マンション投資は、需要が少なく、空室になりやすいと考えらています。確かに、新築不動産に人気が集中する傾向があるため、中古マンション投資は不利になるケースも少なくありません。しかし中古マンション投資は、その物件の安さから、賃料も同時に安くすることができるメリットがあるのです。家賃をできる限り安くしたいと考えている人にとっては、需要が大きいのです。もちろんファミリー向けよりも単身向けの物件のほうが、需要が大きくなっています。物件の築年数よりも価格で決める人が多いエリアであれば、中古マンション投資も視野に入れて動くことがおすすめなのです。しかし修繕の時期などが新築と比較して早く訪れる傾向にありますので、別途修繕費用などを準備しておくことが大事です。積立などを利用して毎月費用を準備する計画を立てることで、投資におけるリスクをさらに減少させることができます。

一部をローンで賄えます

集合住宅

中古マンション投資で得られる家賃収入を基盤として、より高いリスク商品にチャレンジすれば、安定収入を得ながら、大きなキャピタルゲインを得られるチャンスも確保できます。中古マンション投資はローンを利用できるので、物件価格の1割から3割程度の自己資金を用意すれば始めることができます。

生活にゆとりを持とう

握手

将来の生活に不安を抱えていたり、生活にゆとりを持ちたいと考えていたりするようであれば、中古マンション投資を始めてみましょう。都市部の中古ワンルームマンションを3戸保有すれば、12万円から18万円の収入を確保できるようになります。