リスクを減らす方法!中古マンション投資をする前に知っておこう

貯金箱と硬貨
  1. ホーム
  2. 基本を守ろう

基本を守ろう

女の人

中古マンション投資をするのであれば、キャッシュフローを意識しましょう。キャッシュフローを継続的に黒字にしていければ、やむを得ず、保有物件を手放さなければならないという事態になることはありません。中古マンション投資において、キャッシュフローが最も良い状態を保つことができるのは、現金一括で投資物件を購入したときです。現金一括で投資物件を購入すれば、毎月の支出は管理費や修繕積立金、賃貸管理会社に支払う手数料程度なので、現金がどんどん貯まっていきます。しかし、現金一括で投資物件を購入できる余裕がない場合や投資効率を良くしたい場合には、ローンを利用することになります。このローンの組み方次第でキャッシュフローは大きく変わります。中古マンション投資において、毎月のローン返済額が大きく変わる要因は2つあります。1つは借入金額です。そしてもう1つは返済期間です。借入金額は申込者が自由に設定できますが、返済期間は金融機関に一定の目安があります。これをいかに長くすることができるかという点が交渉のポイントとなります。長期の返済期間を設定してもらうためには、RC構造もしくはSRC構造の建物であることは必須です。なおかつ、資産性の高い投資物件でなければなりません。投資物件を探す際には、この2つの事を意識しましょう。中古マンション投資は基本さえ踏み外さなければ、誰でも安定した収入を得ることができる投資手段です。基本を押さえて安定した収入を得ることを目指しましょう。