リスクを減らす方法!中古マンション投資をする前に知っておこう

貯金箱と硬貨
  1. ホーム
  2. 一部をローンで賄えます

一部をローンで賄えます

集合住宅

資産運用をするのであれば、まず安定的な収入を確保することが重要です。そして、その安定収入の一部を使って、リスクのある投資にチャレンジをして資産を大きく増やす可能性を作っておくとよいです。安定収入を確保する手段として注目されているものが中古マンション投資です。中古マンション投資を始めれば、毎月家賃収入を得ることができます。中古マンション投資の特徴は投資金額は小さくはないものの、その一部をローンで賄うことができるという点です。そのため、自己資金は物件購入価格の1割から3割程度で済ませることができます。中古ワンルームマンション程度であれば、100万円から300万円程度を準備すればよいわけです。ローンを完済すれば、家賃収入から諸経費を除いた分がすべて自分の手元に残りります。この時点で株式や外貨等のよりリスクの高い商品にチャレンジすることを考えてみるとよいです。家賃収入の一部を株式や外貨に振り向けたり、次の投資物件の頭金として活用したりしていけば、見る見るうちに資産が殖えていきます。若いうちから中古マンション投資を始めていれば、定年時には大きな資産を築くことができています。中古マンション投資は投資物件を保有してしまえば、手間もかかりません。賃貸管理会社がオーナーの代わりにほとんどの業務を行ってくれます。オーナーは年に1度確定申告をする程度です。そのため、サラリーマンなど本業のある人には最適な投資商品と言えます。